ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)について

ZEH《ゼッチ》とは、住宅の高断熱化と高効率設備によりできる限りの省エネルギーに努め、太陽光発電等の再生可能エネルギーにより、年間で消費する住宅の一次エネルギー消費量が『正味ゼロまたはマイナスになる住宅』のことを言います。

日本国政府が定めた「エネルギー基本計画(2014年4月閣議決定)」において
「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定。
経済産業省資源エネルギー庁は、この目標の達成にむけたZEHロードマップの検討をおこない、そのとりまとめを2015年12月に公表いたしました。

プラスハウジングではより良い住まいをご提供していくために、
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)の普及に取組んでおります。

それに伴い弊社では、ZEHの普及を目指して、下記の目標を設定しました。

H28年度目標 H29年度目標 H30年度目標 H31年度目標 H32年度目標
ZEHシリーズ受託率合計
(Nearly ZEH含む)
0% 10% 25% 30% 50%

2016年度(H28年度)実績報告

H28年度目標 0%
H28年度実績 0%

2017年度(H29年度)実績報告

H29年度目標 10%
H29年度実績 0%

2018年度(H30年度)実績報告

H30年度目標 25%
H30年度実績 17%

 

具体的なZEH普及策(ZEH低コスト化への取組等)

【1】ZEHの周知・普及に向けた具体策

・研修会等に積極的に参加し、ZEHのメリットを全社員が説明できるようにする。
・ホームページへの打ちだしとイベントチラシにZEHについて記載し周知を図る。

【2】ZEHのコストダウンにむけた具体策

・標準仕様、ZEH仕様を統一化する事で仕入れ発注を一本化しコストダウンを図る。
・外皮計算・一次消費エネルギー量計算を自社内で完全実施し、コストダウンを図る。

【3】その他の取り組みなど

・冷暖設備等の省エネ仕様を積極的に取入れ、標準化する。
・住設仕様の改善を図る。

ZEHについての詳細につきましては、直接お問合せ下さい。